安全のために(こちらをお目通しください)

デジフォースからのお願い(バッテリーに使用するリチウムイオン電池の取り扱い)

リチウムイオン電池(LiB)は、従来の電池と比べて高電圧で重量あたりのエネルギー密度が多い反面、電解液は可燃性です。また、リチウムイオン電池の電解液の引火点は
40℃前後であり、消防法上は、第四類第二石油類に該当します。それ故、短絡(ショート)により発熱した場合は、爆発的なエネルギーの発生が予想されます。一般的にエネルギー密度と安全性はトレードオフの関係です。利用に際しては、改めてリチウムイオン電池の危険性十分に認識する必要があります。

1.電池を分解又は改造してはいけません。発火・破裂・漏液・故障・火災の原因となります。

2.電池を加熱したり、火中に投下したりしてはいけません。また、直射日光の当たる場所に保管することは避けてください。
3.充電時、1時間程度で温度上昇(3.0℃から4.5℃)があることを十分配慮して下さい。使用温度範囲(0℃から35℃)を超えてしまう恐れがあります。
4.充電は換気のよい場所で行って下さい。寝具の下や可燃性物質の上での充電を行わないでください。
5.水没した(濡れた)電池を充電しないで下さい。発火・破裂・漏液・故障・火災の原因となります。
6.極端な高温(夏季、炎天下の車内に放置など)・低温(冬季、真冬日の室外での使用など)下の使用環境では、規定の性能が得られない場合があります。
7.電池を短絡(ショート)させてはいけません。電池を互いに短絡させるような、又は導電性物質によって短絡を引き起こすような状態で、箱又は引出しの中で乱雑に保管してはいけません。
8.電池に衝撃を与えてはいけません。
9.圧迫や落下により変形などの異常が見られた場合、直ちに使用を止めて下さい。発火・破裂・漏液・故障・火災の原因となります。
10.電池から漏液がある場合、液に直接触れてはいけません。万一、皮膚に付着又は目に入った場合、接触部を大量の水で洗い流し、医師の診察を受けてください。

11.専用の充電器以外で充電を行ってはいけません。
12.対応機種以外に電池を用いようとしないでください。
13.未使用又は使用済みの電池は絶対に子どもの手の届かない場所に保管してください。
14.電池を誤って飲み込んだ場合、直ちに医師の診察を受けてください。
15.電池は、清浄で湿気の少ない場所に保存してください。
16.電池の端子が汚れていた場合、乾いた布で拭き取ってください。
17.外部接続端子内や充電器コネクターに、導電性の液体(汗、飲料水等)や異物(塵、埃等)の混入がないようにしましょう。導電性の液体・異物が付着した状態で充電すると、接続箇所で短絡し、異常発熱や変形、焦げ等が発生する恐れがあります。
18.電池の充電終了後には、専用充電器から取り外し、つないだまま放置しないでください。
19.長期間保存した場合、電池に対し充放電を何度か繰り返さないと、規定の性能が得られない場合があります。
20.製品の取扱説明書を保管し、必要なときに参照してください。
21.電池を用途外に使用しないでください。
22.充電が最後までできない、使用時間が突然短くなった、充電中の温度上昇が異常である場合等には使用を止め、ご相談ください。
23.膨張、異音、異臭など異常が見られた場合、直ちに使用を止めて下さい。発火・破裂・漏液・故障・火災の原因となります。
24.環境保全のため、また、破裂の危険性があるので、自分で処分することは危険です。モバイル・リサイクル・ネットワーク(MRN)などの団体が行っている回収制度をご利用ください。

 

下記のような兆候が現れた、取り扱いを行ったリチウムイオン電池のご使用は大変危険ですのでお止めください。
1.突然使用時間が短くなった。
2.充電中、以前と比べて熱くなっている。
3.膨張、変形し、液晶パネルに関渉している。
4.充電しても満充電されない。
5.充電中にパチパチ、チリチリという異音がした。
6.充電中に異臭を感じた。
7.端末を水没させたが、時間が経ち使用できるようになったので使用した。
8.夏季の車内等、直射日光を受けるような高温下で長時間放置していた。
9.長期間使用せず、完全放電させてしまった。
10.鞄等に入れていたが、鞄を投げる等を行い端末に強い衝撃を与えた。
11.端末をズボンの後ろポケットに入れたまま座る等により、端末が変形するほどの強い外圧を与えた。
 

当社オリジナル商品(LPB-DIGIシリーズ)に関しましては、電気用品安全法(PSE)に基づく検査をクリアした上で販売しておりますが、(万が一)お客様の安全確保を妨げるような事象が発生した場合は、直ちに該当商品の販売を中止するとともに、販売済みの商品を自主回収させていただきます。その際は、ホームページ等の公式な窓口において告知させていただきますので、ご理解、ご協力を賜りますようお願いを申し上げます。お客様には、ご迷惑とご心配をおかけすることがないよう、最大限の努力を傾注する次第です。今後ともデジフォース製品のご利用ご愛用のほど何卒よろしくお願い申し上げます

 

デジフォースからのご提案(バッテリーの最適な保管)

バッテリー残量が50%前後ある状態での保管を推奨します。
保管時も自然放電がおよそ8%(一ヶ月)生じますので、長期間保管される際は特に適度な電量コントロールがバッテリーの品質・性能維持には肝要となります。
 → バッテリーの電量コントロールは専用充電器(リンク先:商品ページ)がお薦めです。※1※2
      ※1 バッテリーの検品にも活用いただけます。交換のご予約があった場合等であれば、予め満充電に近い状態で提供することを通してサービス価値の向上が適います。
      ※2 深放電満充電に近い状態での保管はバッテリーの品質維持にはマイナスです。日頃から50%前後を目安に、3070%までの間で保管し、使用する際に
              (事前に)10分間ほど充電することを心がけてください。
また、推奨する保管時の室温は035℃(最適な温度範囲は1625℃)となっております。避けるべき保管場所として、直射日光に晒される場所、極端な周囲温度(高温低温)となる場所等がございます。一般的な化学反応は、温度に比例して反応速度が上昇しますので、バッテリーにおいても温度が高いほど劣化は早く進行してしまいます。なお、極端に低温な場所にて保管されたバッテリーを使用する際は、バッテリーの温度が通常の動作範囲内に戻るまでは注意が必要です。※3
      ※3 急激な温度変化から結露が生じる事により、短絡(ショート)、漏電、水没反応等につながる可能性がございます。
加えて、リペア後に生じるバッテリーを放置していませんか?
バッテリーは消防法上(別表第1備考14)の危険物となりますので、安全対策を講じた上での保管が望まれます。回収に出すまでの施設滞留期間内に放電処置を施す等、
火災予防上の措置を検討してください。※4

 → 廃棄バッテリーの放電には専用放電器(リンク先:商品ページ)がお薦めです。
   ※4 保管リスクを最小限に抑える方法として、バッテリーをエネルギー・ゼロの状態(=放電処置)にしてしまうという考え方があります。

0
    0
    ショッピングカート
    あなたのカートは空です店へ帰る
    滚动到顶部